改訂CompTIA Cloud Essentials+

top_cloudessplus.png

改訂CompTIA Cloud Essentials+日本語試験の配信開始について

改訂CompTIA Cloud Essentials+(試験番号:CLO-002)日本語試験は、2020年6月29日より配信開始されています。(英語試験は、2019年11月12日より配信開始をしています。)
改訂試験の配信開始に伴い、現在配信中のCompTIA Cloud Essentials(試験番号:CLO-001)は、2020年11月12日をもちまして配信が終了となります。(英語試験は、2020年6月12日に配信が終了しています。)

CompTIA Cloud Essentialsの名称変更について

改訂試験の配信開始に伴い、CompTIA Cloud Essentialsは、CompTIA Cloud Essentials+(「+」がつきます)に名称が変更となります。またこれに合わせて、ロゴが変更となります。


CompTIA Cloud Essentials+は、テクニカルな認定資格ではなく、ビジネスでクラウド導入の意思決定をする際に 検討するべき要件を理解し、適切にクラウド導入を推進するビジネス部門とIT部門の人材のスキルを証明する認定資格です。

CompTIA Cloud Essentials+認定資格概要

CompTIA Cloud Essentials +は、ワールドワイドで認知されているベンダーニュートラル認定資格です。データドリブン型クラウド活用をビジネスで活用するためのビジネスの原則とクラウドの基本概念を理解する上で必要となるスキルを評価します。

現在のクラウドテクノロジーを活用、採用する際に、組織の効率と生産性を高め、コストを管理し、セキュリティリスクを軽減する方法を理解することができるため、ITスペシャリストだけではなく、クラウドにかかわるすべての人材が必要とするスキルセットです。

CompTIA Cloud Essentials+で習得できるスキル
skillicon_9.png クラウドのコンセプト skillicon_7.png クラウド環境下でのビジネス原則
クラウドのコンセプトの説明、クラウドネットワーキングの概念とストレージ技術の特定、クラウド設計の理解 フィジビリティスタディ、ベンチマーク、ギャップ分析などの適切なクラウド評価の採用、主要なビジネスからの適切なクラウドベンダーの特定、クラウド移行アプローチの理解
skillicon_2.png マネジメントとテクニカルオペレーション skillicon_10.png ガバナンス、リスク、コンプライアンス、セキュリティ
データ管理や最適化などクラウド運用全体の理解、API統合やプロビジョニングなどのクラウド環境でのDevOpsの役割を理解 クラウドサービスに関連するリスク管理と対応の概念の理解、規制上の懸念や国際基準などクラウドを活用する際に検討すべきコンプライアンスの重要性と影響の理解

CompTIA Cloud Essentials+導入事例

Cloud Case Study on web

CompTIA Cloud Case Studyに掲載されている以外の導入事例については、こちらからご覧ください。

CompTIA Cloud Essentials+出題範囲

出題範囲(試験名称をクリックすると「出題範囲(PDFファイル)」がダウンロードできます。)
日本語 CompTIA Cloud Essentials+(CLO-002)
英語 CompTIA Cloud Essentials+(CLO-002)

CompTIA Cloud Essentials+試験情報

CompTIA Cloud Essentials+(CLO-002)
1.0 クラウドのコンセプト 24%
2.0 クラウド環境下でのビジネス原則 28%
3.0 マネジメントとテクニカルオペレーション 26%
4.0 ガバナンス、リスク、コンプライアンス、セキュリティ 22%

試験情報
日本語配信 予定(2019年11月12日より英語試験配信開始)
試験科目 1科目
試験番号 CLO-002
制限時間 60分
問題数/出題形式 最大で75問 単一/複数選択問題
合格ライン 100~900のスコア形式 720スコア以上
受験料 CompTIA認定資格試験価格をご確認ください。

CompTIA Cloud Essentials+更新/リニューアル

CompTIA Cloud Essentials+は、資格の更新は必要ありません。(2019年1月現在)iconGoodForLife.png

CompTIA Cloud Essentials+開発プロセス

CompTIA認定資格は、試験作成委員会が中心となり、ニーズ調査・職務分析・リサーチを経て、SMEと呼ばれる現場関係者により開発が進められます。
CompTIA Cloud Essentials+は、以下のIT業界からのSMEのサポートにより開発されました。

■米国SME(米国本部/一部抜粋)

Arizona State University Citrix Systems
Cisco Federal Government
IBM Microsoft
Oracle America Inc. Veeam 他多数


■日本語試験SME(50音順/社名は参加時の社名を記載)

日本語試験は、以下のIT業界からのSMEのサポートにより開発されました。

釜山 公徳 氏
日本電気株式会社
吉田 雄哉 氏
日本マイクロソフト株式会社
神崎 賢太郎 氏
富士ゼロックス東京株式会社

トレーニング

CompTIAトレーニングパートナーから提供のトレーニング教材は、こちらからご確認ください。

※サンプルのダウンロードをご希望の場合には、「サンプルはこちらから」をクリックして立ち上がるWebフォームに必要事項をご入力、ご送信いただくと、PDF版がダウンロードしていただけます

Japanese_ CLO-002 _StudyGuide The Official CompTIA Cloud Essentials+ Self-Paced Study Guide (試験番号:CLO-002)
※eBookはカラー、書籍(印刷版)は白黒になります。
CompTIA Store Sample
学習範囲 最新のCompTIA Cloud Essentials+(CLO-002)出題範囲を網羅しており、多くの図解を含み、充分な情報量の理解しやすいコンテンツです。

含まれる内容

・ 実際の業務に合わせたコンテンツ-すべてのトピックは、業務上の職務に関連しており、レッスンでは実際の業務で発生する内容を取り上げています。
・ 重要な用語と略語用語集

学習内容

The Official CompTIA Cloud Essentials+ Self-Paced Study Guide (CLO-002) は、CompTIA認定資格試験の学習をされる方向けに作成されています。本書は、CompTIA Cloud Essentials+の出題範囲がすべて網羅されていることを第三者により評価されており、CompTIA Cloud Essentials+取得に必要なスキルを取得することが可能です。

本書には、以下の内容が含まれています。

・ クラウドコンピューティングの基本的なコンセプトの理解
・ クラウドコンピューティングのビジネスへの影響の理解
・ 異なるクラウドの種類を理解し、それぞれの導入方法の特定
・ クラウドコンピューティングに関連する技術的な課題とその解決/軽減方法の特定
・ クラウドサービスを適切に導入するための手順の特定
・ ITILの基本概念を理解し、実装でのITILフレームワークの活用方法の説明
・ クラウドコンピューティングに関連する可能性のあるリスクとリスク軽減策の特定
・ クラウド実装時の潜在的なコストの検討事項と戦略的なメリットの特定