改訂CompTIA Network+

CompTIA Network+

認定資格概要 試験情報 トレーニング新着情報
出題範囲 類似問題 関連教材/トレーニング
導入・活用事例 試験作成 他資格との連携
改訂CompTIA Network+日本語試験 2018年9月7日より配信開始!

改訂CompTIA Network+(試験番号:N10-007)日本語試験は、2018年9月7日より配信開始予定です。
(英語試験は、2018年3月1日より配信開始をしています。)

これに伴い、現行CompTIA Network+(試験番号:N10-006)日本語試験は、2019年1月31日を持ちまして配信が終了となります。(英語試験は、2018年8月31日にて配信が終了となります。)

現行試験での受験を希望されている方は、早めの受験準備をお勧めします。

CompTIA Network+は、ファンダメンタルレベルのITネットワークプロフェッショナルに求められるスキルを評価する国際的に認知された認定資格です。


ITネットワーク関連業務に9ヵ月程度経験した際に持つべきスキルを証明できるよう設計がされています。
また、CompTIA Network+は、ISO 17024標準への準拠を米国国家規格協会 (ANSI) より認定されており、定期的な出題範囲の見直しおよびアップデートが行われています。

現行CompTIA Network+(試験番号:N10-006)から、改訂CompTIA Network+(試験番号:N10-007)の変更点は、下記の通りです。

N10-007試験では、N10-006試験の出題範囲の多くがカバーされていますが、現在のネットワーク技術により対応できるよう更新、再編成が行われました。

・ネットワークエキスパートがセキュリティの実務者と共同して作業を行うために必要となるセキュリティ概念の追加
・クラウドコンポーネントの典型的なサービスモデルと導入のベストプラクティス
・新しいハードウェアと仮想化テクノロジーの適用範囲
・レジリエントネットワークを維持するために必要となるスキル

CompTIA Network+は、世界中の企業で、自社のネットワーク技術者の育成のために活用されています。また、パートナー企業や技術者を採用する際のスキル基準として活用をされています。米国国防総省では、継続的に取得が必須な認定資格として活用されています。

【導入企業事例】
株式会社CSIソリューションズ
技術人材ピラミッドの拡大と10年続く組織体制を気づくため技術者の「体幹」を強化
株式会社CSIソリューションズは、「夢あるシステム基盤を、お客様と共に創る」をスローガンにおき、取り組みの中核を担う技術本部では、お客様の業績・利益の向上を図るために、以下の役割を担います。
 ■ お客様に安全で安心して使えるシステム基盤の設計・構築と、その運用サービスの提供
 ■ お客様の思いの一歩先、一つ先の未来を実現するための、磨き続けられたスキルと継続的な対話
 ■ お客様に次もその次もCSIと一緒にやっていきたい、と思って頂く丁寧な仕事の遂行

技術人材のピラミッドを拡大し、10年続く組織体制を築くために、一つの分野にのみ秀でた「I型人材」から、それ以外の多様分野にも幅広い知識を持つ「T型人材」を育成していくことが急務であると考え、今後数年トレンドに左右されないネットワーク、セキュリティ、クラウドといった基盤技術を重点習得技術としてピックアップ。
全技術者に対し、CompTIA Cloud Essentials、CompTIA Network+、CompTIA Security+の取得を義務化しました。
導入事例をPDFでダウンロード

CompTIA Network+認定資格試験は、一般的なネットワーク機器のトラブルシューティング、構成、管理、基本的なネットワーク接続の確立、ネットワーク関連文書の理解と保管、ネットワークの制限と脆弱性の特定、ネットワークセキュリティ、規格、プロトコルなどについて、必要な知識とスキルを評価します。受験者はクラウドと仮想化テクノロジーを含むエンタープライズテクノロジーについて基本的理解を有している必要があります。

CompTIA Network+認定資格試験は、以下の条件を満たすITプロフェッショナルを対象としています。
 ■ CompTIA A+認定資格、またはそれ同等の知識・スキルを所有していること(受験の前提条件ではありません。)
 ■ ITネットワークにおける最低9ヶ月の業務経験

■CompTIA Network+ Exam(試験番号:N10-007)
試験分野
出題比率

1.0 ネットワーキングの概念

23%
2.0 インフラストラクチャ
18%

3.0 ネットワークオペレーション

17%
4.0 ネットワークセキュリティ
20%

5.0 ネットワークのトラブルシューティングとツール

22%
※PDFデータがうまくダウンロードできない場合は、郵送にてご案内させて頂きます。  CompTIA日本支局(info_jp@comptia.org)に郵送先を記載の上、ご連絡下さい。
出題範囲(試験名称をクリックすると「出題範囲(PDFファイル)」がダウンロードできます。)
日本語版 CompTIA Network+ 出題範囲
英語版 CompTIA Network+ Objectives
試験情報
日本語配信 予定(2018年9月4日配信開始予定)
試験科目 1科目
試験番号 N10-007
出題形式 単一/複数選択、シミュレーション問題
※本試験には、パフォーマンスベース問題(シミュレーション問題)が出題されます。
パフォーマンス問題の詳細については、こちらをご覧ください。
制限時間 90分
問題数
最大で90問
合格ライン 100-900のスコア形式720スコア以上
受験料(税抜)

CompTIA認定資格試験価格をご確認ください。

資格リニューアルポリシー
リニューアル
ポリシー
-資格取得から3年間の有効期限
-有効期限内に、CEプログラム(Continuing Education Program)への登録を完了することで、認定資格試験を受験せずに更新をすることが可能。
-詳細については、「認定資格リニューアルポリシー」をご覧ください。

CompTIA Network+の試験作成

■主なCompTIA Network+試験作成委員会メンバー(米国本部/一部抜粋)
CompTIA Network+は、以下のIT業界からの専門家(SMEs)やリーダーによるファンドとサポートにより開発されました。
Department of Defense United States Air Force
Canadian Forces (Ret) IBM
Cisco Systems Deloitte Services LP
AT&T Government Solutions IBM
Los Angeles County Office of Education 他多数
■CompTIA Network+ 日本語試験 SMEs(Subject Matter Experts/50音順)
出題範囲の項目付けや作問、各国語への翻訳試験作成の際にご協力をいただいた現場関係者の皆様です。
時田 剛 氏
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
古田 拓 氏
OAG税理士法人
永井 勝 氏
株式会社クレオ
神崎 賢太郎 氏
富士ゼロックス東京株式会社