CompTIA(コンプティア)は、IT業界団体としてワールドワイドでCompTIA認定資格などを通し、健全な人材の育成に貢献しています。

image CompTIA Security+ image
image image
改訂CompTIA Security+(試験番号:SY0-501)日本語試験の配信開始と
現行CompTIA Security+(試験番号:SY0-401)日本語試験の配信終了について

改訂CompTIA Security+(試験番号:SY0-501)日本語試験は、2018年3月30日より配信開始となります。
(英語試験は、2017年10月4日より配信開始をしています。)

これに伴い、現行CompTIA Security+(試験番号:SY0-401)の日本語試験は、2018年12月15日をもちまして配信が終了となります。(英語試験は、2018年7月31日にて配信が終了となります。)

現行試験での受験を希望されている方は、早めの受験準備をお勧めします。 また、12月は通常より試験センターの予約が困難な場合があります。試験センターの予約も早めにご計画をいただけますようお願いいたします。

CompTIA Security+認定資格は、IT業務の中でも、最も成長が早く、そして人材が必要とされているセキュリティ分野におけるスキルを評価できるよう設計されています。

 

 

 



CompTIA Security+は、ワールドワイドで提供されているベンダーニュートラルの認定資格です。
この認定資格試験では、以下の分野におけるスキルを評価できるよう設計がされています。

 ■ ネットワークセキュリティ
 ■ コンプライアンスと運用セキュリティ
 ■ 脅威と脆弱性
 ■ アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ
 ■ アクセスコントロール、認証マネジメント
 ■ 暗号化

CompTIA Security+認定資格試験では、セキュリティの大原則となる、セキュアなネットワークの維持とリスク管理について出題されています。また、アクセスコントロール、情報の管理、暗号化といったセキュリティには欠かすことのできない分野や、さらには、ネットワーク攻撃や脆弱性に対応するための適切な緩和と抑止方法などの分野からも出題されています。
また、CompTIA Security+からは、クラウドコンピューティング、BYOD、 SCADAなどセキュリティへの懸念が高まる分野についても出題されています。

CompTIA Security+の受験に際し、特に必要となる前提条件はありませんが、CompTIA Network+相当のスキルをお持ちなことをお奨めします。

CompTIA Security+は、現在、世界中の多くの企業や学校で活用をいただいています。最も顕著な例としては、米国国防総省の情報保証に関連している全ての人材に対し、CompTIA Security+は必須資格として活用されています。

CompTIA Security+は、世界的に認知される品質規格に準拠しているとし、ANSI認定(ANSI/ISO/IEC17024、ISO/IEC 17011)を取得しています。 また、これに伴い、認定資格には、3年間の有効期限があり、認定資格試験の再受験や継続教育プログラム(CEプログラム)への参加で更新をすることが可能です。

CompTIA認定資格は、資格ごとの出題範囲を定期的に改訂することで、試験の内容が最新技術を取り扱い、業界のニーズに満たしているように維持されています。

CompTIA Security+で出題範囲とされる分野には、現行版の試験から継続されるもの、新たに追加されるものがあり、最新のセキュリティに関連した問題や必須知識が反映されています。


CompTIA Security+の特徴
CompTIA Security+は、セキュリティ概念について、「知っている」「理解している」だけではなく「How to(どのようにするべきか)」を理解することにより重点が置かれています。従って、新しい出題範囲では「適切な手順を実行する」「異なる認証モデルを展開する」といった表現が見られます。

 
ますます需要が高まるセキュリティ人材の育成にCompTIA認定資格を活用
(導入事例:ソフトバンク株式会社)

ソフトバンク株式会社では、セキュリティ人材の育成に、部門のセキュリティ担当/システムのセキュリティ管理者に対し、CompTIA Security+を活用されています。

ICTの進歩に伴い、近年増加しているセキュリティリスクに対応するため、国内大手の通信キャリアであるソフトバンク株式会社様では、ネットワークインフラを担う企業として、リスクに確実に対応できるセキュリティ人材の育成に取り組まれています。
この取り組みの中で、セキュリティ全般に対する知識不足を課題とした同社では、部門のセキュリティ担当、システムのセキュリティ管理者にCompTIA Security+を導入されました。

導入を推進された人材育成のご担当者様方からは、「ネットワークインフラを担う企業として、弊社もセキュリティ人材の育成に力を入れています。しかし、セキュリティ分野は幅広いためどこから知識を手につけるべきか判断しづらいという課題がありました。
セキュリティ全般をカバーできる内容であるCompTIA Security+は、取っ掛かりとして最適であり、まずは基礎知識を習得させたいという目的と合致しました。」というお声をいただいています。




パンフレットダウンロード

■CompTIA Security+ Exam(試験番号:SY0-401)
CompTIA Security+は、ワールドワイドで提供されているベンダーニュートラルの認定資格です。
この認定資格試験では、以下の分野におけるスキルを評価できるよう設計がされています。
【出題内容】制限時間90分 90問 100〜900のスコア形式 750スコア以上
試験分野
出題比率
第1章 ネットワークセキュリティ
20%
第2章 コンプライアンスと運用セキュリティ
18%
第3章 脅威と脆弱性
20%
第4章 アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ
15%
第5章 アクセスコントロール、認証マネジメント
15%
第6章 暗号化
12%
出題範囲(試験名称をクリックすると「出題範囲(PDFファイル)」がダウンロードできます。)
日本語版 CompTIA Security+(SY0-401)出題範囲
英語版 CompTIA Security+(SY0-401) Objectives
試験情報
日本語配信 済(2014年10月1日より日本語試験配信開始)
試験科目 1科目
試験番号 SY0-401
制限時間 90分
問題数
最大で90問
※本試験には、パフォーマンスベース問題(シミュレーション問題)が出題されます。
パフォーマンス問題の詳細については、こちらをご覧ください。
合格ライン 100〜900のスコア形式 750スコア以上
受験料(税抜) CompTIA認定資格試験価格をご確認ください。
資格リニューアルポリシー
リニューアル
ポリシー
−資格取得から3年間の有効期限
−有効期限内に、CEプログラム(Continuing Education Program)への登録を完了することで、認定資格試験を受験せずに更新をすることが可能。
−詳細については、「認定資格リニューアルポリシー」をご覧ください。
※資格名称をクリックすると「出題範囲(PDFファイル)」がダウンロードできます。 )
※出題範囲は、試験配信までに予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
image CompTIA Security+試験作成 image
image image
■主なCompTIA Security+試験作成委員会メンバー(米国本部/一部抜粋)
CompTIA Security+は、以下のIT業界からの専門家(SMEs)やリーダーによるファンドとサポートにより開発されました。
Dept. of Navy US Customs
US Army US Marine Corp
Air Force Institute of Technology U.S. Government
IBM Motorola
IBM Spain Avaya
National Australia Bank Cereberus Information Security
Southeastern Louisiana University General Dynamics Information Technology
 
■CompTIA Security+ 日本語試験 SMEs(Subject Matter Experts/50音順)
出題範囲の項目付けや作問、各国語への翻訳試験作成の際にご協力をいただいた現場関係者の皆様です。
安田 良明 氏
S&Jコンサルティング株式会社
時田 剛 氏
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

永井 勝 氏
株式会社クリエイトラボ

平山 敏弘 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
神崎 賢太郎 氏
富士ゼロックス首都圏株式会社

 

CompTIA 日本支局 住所:〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-4-9 水道橋MSビル7F TEL:03-5226-5345 FAX:03-5226-0970