CompTIAスカラーシップ・プログラム

CompTIAスカラーシップ・プログラムとは

CompTIAスカラーシップ・プログラムは、CompTIAがワールドワイドで展開する学校機関向けのプログラム「CAPP(CompTIA Authorized Partner Program)アカデミー」においてCompTIA認定資格の取得を目指し学習を進める学生に対し、未来のIT業界を担う人材の育成に賛同をいただく企業から資格取得に必要な受験料の一部を負担いただくプログラムとなります。

CompTIA スカラーシップ・プログラムのパンフレットは、こちらからダウンロードしていただけます。

CompTIAスカラーシップ・プログラム開始の背景

現在、多くのCAPPアカデミー校においてCompTIA認定資格の取得が進められています。一方で、一部学生において、認定資格の取得については、受験料の捻出などの理由から受験することを断念する学生も多く存在しています。そのため、優秀な学生が就職前にITスキルの定着を図ることが難しいことや就職活動の際、実際に保有している資格にも限りが出ることが懸念されます。
本プログラムでは、CompTIAの主旨に賛同いただいた企業よりCSR活動の一環としてCompTIA認定資格取得補助を在学中の学生向けに提供いただくことでより、多くの学生に受験機会を創出することを可能とします。
学生にとっては、IT業界で必須とされているCompTIA認定資格の取得により、自身のスキルを可視化することで、就職活動に役立てることができます。
さらに、本プログラムを通し、学生が就職を希望する企業やご支援先の企業をより深く知ることが可能となります。

今後の取り組みについて

2018年度5月からのプログラムスタートに伴い、CompTIA日本支局は、CompTIAスカラーシップ・プログラムへの参加を希望する学校機関とご支援いただける企業のコーディネートを開始します。
コーディネートの一環としてご支援いただける企業からの技術的な講演、学生が現在第一線で活躍中のエンジニアと触れ合う機会の創出など、企業と学校法人の産学連携を強化、実現してまいります学校法人にとっては、自校のプレゼンス向上、企業との関わり合いを深めること、独自の戦略を展開することにより、学校法人の付加価値を上げて行くことが可能となります。