企業導入事例

導入企業事例:導入で見るCompTIA認定資格/スキル診断の役割

CompTIA認定資格は、ある業務において、「現在」利用・活用されている資源のメリット・デメリットを理解し、様々な業務環境の「場」を読み、業務を進めることができるか(実務基盤)を評価するものです。つまり、「現在」の「顧客側」の環境を理解し、最適な環境へ導くことができるかを評価するものです。

現在、上記特徴を生かし、様々な目的・方針に合わせ活用がされています。「導入で見る資格の役割」では、各機関(企業、学校、自治体)の方針やそれぞれの利用目的をご案内致します。今後検討される皆様の参考となるよう、掲載させて頂きました機関の皆様からは、様々な面から活用について記載頂いております。

※掲載されている社名は、CompTIA認定資格採用時の名称を使用しております。予めご了承ください。

導入企業のインタビューを動画でもご紹介しています。導入企業動画事例は、こちらからご覧ください。