新着情報

【CAPP Partnerより】待機期間を効果的に活用!雇用調整助成金対応可能な研修プログラム(株式会社システムシェアード)

2020/10/29

新型コロナウイルス感染症の影響で案件参画機会を逃してしまった待機社員が急増している状況を受け、10月よりCompTIA認定教材を用いた「待機社員向けIT技術養成コース」を提供を開始しました。

東京ITスクール:https://www.3sss.co.jp

待機社員向けIT技術養成コース:https://www.3sss.co.jp/tis/taiki-202010/


▸「待機社員向けIT技術養成コース」実施の背景
東京ITスクールは毎年約500社、3000名の新入社員に向けプログラミング研修を提供しています。例年は3ヶ月の研修終了8割以上の新入社員の方々が、すぐにプロジェクト先に配属され業務に従事していく流れでしたが、今年はコロナウイルス感染症の影響により、プロジェクト縮小が相次ぎ、せっかく教育を施した新入社員が業務に従事できず社内で待機してしまっているという状況が発生しています。

これまで人員不足と叫ばれてきた情報サービス業界ですが、一般社団法人情報サービス産業協会が4半期ごとに公開している情報サービス業の雇用状況見通しによると、いまだ人員が不足していると回答する声が多いものの、新型コロナウイルス感染症の影響により人員が過剰であるとの声も増加しています。

こういった状況下において、教育を展開する企業として顧客や業界に対して貢献できることは無いかとの考えで生まれたのが「待機社員向けIT技術養成コース」です。
画像1.png

(一般社団法人情報サービス産業協会「 JISA将来見通し・雇用判断DI調査(令和2年6月期)」)

▸「待機社員向けIT技術養成コース」の特徴
「待機社員向けIT技術養成コース」は以下のような特徴があります。

① 研修期間中の営業活動が可能
社内待機者が出た際、企業が一番注力したいことは「早く良いアサイン先を決める」という事だと思います。しかし実際は「待機中に何をやらせるか」「指導者は誰にするか」など対応に追われかねません。
そういった際に本研修を受講頂く事で、待機期間中の様々な対応を私どもに一任頂く事ができ、担当者様は営業活動に注力していただけます。

② 待機が無駄にならない
この研修はCompTIA認定資格取得に向けた講座となっているため、幅広い実務スキルを待機期間中に習得することができ、エンジニアの自信に繋がります。待機時間を有効な時間に「変換する」ことが可能です。

③ 経営数字が改善する
雇用調整助成金を活用いただく事で、待機中にかかるコストを大幅に削減できます。
また、本講座受講後、CompTIA認定資格を取得してもらう事で、更に高単価なプロジェクトへの参画を見込めます。

画像2.png

▸雇用調整助成金活用で企業負担を大幅に軽減
待機社員で売上が立たない、その方の人件費も支払わないといけない、そこにさらに研修費となると企業にとって大きな痛手になります。そこで「待機社員向けIT技術養成コース」では、雇用調整助成金の活用を推進しており、条件によっては1人1ヶ月で約350,000円の受給も可能です。
雇用調整助成金はコロナウイルス感染症で経営難に陥っている企業に対し、活用しやすく、更に助成率も大幅に向上させるなど様々な特例措置が講じられています。

① 受給要件の緩和
雇用調整助成金は売上が減少している企業が、雇用維持のために休業や教育訓練を実施した場合に受給できます。
新型コロナウイルス感染症特例措置により減少率などの比較が大幅に緩和され、「それでも要件を満たさない場合、休業した月の1年前の同じ月から休業した月の前月までの間の適当な1か月との比較が可能」となった事で多くの企業が活用できるようになりました。

画像3.png

② 助成率の向上
これまでは待機社員に対して教育訓練を行った場合、最大でも190,000円/月 ほどしか支給されなかった所、コロナウイルス感染症特例措置により最大で350,000円/月 ほどが支給されるようになりました。更に申請後約1ヵ月程度での入金とサイクルも早いため、利用企業に大きなメリットとなっています。

画像4.png

③ 申請書類の簡素化
申請企業が素早く容易に申請ができるよう、提出書類の簡素化が行われました。
さらに東京ITスクールでは、これまで新人研修で培った豊富な助成金申請サポートの経験をもとに、利用企業様が申請で困ることの無いようフォローを行っています。


▸11月開講「待機社員向けIT技術養成コース」
11月はCloud+、Project+の2コースを実施致します。

① 11月2日開講 クラウド実務レベル証明コース
【日程】11月2日(月)~11月16日(月) 10日間
【内容】(CompTIA Cloud+)
クラウドの運用やクラウドサービスの提供など、クラウド環境で業務を実行するITエンジニアが必要とされるスキルとベストプラクティスへの理解を評価する認定資格です。
【費用】78,000円+テキスト/ラボ代 ※雇調金で助成されます。

② 11月17日開講 PM実務レベル証明コース
【日程】11月17日(火)~11月30日(月) 9日間
【内容】(CompTIA Project+)
プロジェクトマネジメントのスキルと知識を評価する認定資格です。小規模から中規模のプロジェクトを管理するプロフェッショナルを対象とし、プロジェクトライフサイクルの管理、適切なコミュニケーションの実施と管理、プロジェクト文書の管理に必要なスキルを評価します。
【費用】78,000円+テキスト/ラボ代 ※雇調金で助成されます。

-----------------------------------
お問合せ:株式会社システムシェアード 東京ITスクール 諸石(もろいし)
TEL:03-5812-7529
Mail:d-moroishi@3sss.co.jp
-----------------------------------