CompTIA CTT+(CBT)

認定資格概要 試験情報 トレーニング新着情報
出題範囲 類似問題 関連教材/トレーニング
導入・活用事例 開発プロセス 他資格との連携

CompTIA CTT+認定資格は、インストラクターが、トレーニングを実施する上で必要とされるスキルを取得していることを証明できる認定資格。
この試験は、クラスルームまたはバーチャルクラスルームといった環境において、インストラクターが持つべきである知識とスキルを測定するために設計されています。


この認定資格は、あらゆる業界のインストラクターが利用することができます。CTT+プログラムは、コンピュータトレーニングや教育ビジネスにおける様々なインストラクター資格プログラムの共通して必要となるスキルが集約されています。

CompTIA CTT+プログラムは、当初コンピュータ業界の企業により推奨され始めましたが、この資格は、技術トレーニング、その他の非技術トレーニングや教育を提供している全ての業界に適用することができます。
【CompTIA CTT+認定資格 FAQ】
CompTIA CTT+に関連するのFAQについては、こちらからご確認ください。

CompTIA CTT+認定資格を取得するには、受験者は知識を問うコンピュータ・ベースド・テスト(CTT+ Essentials TK0-201)と、規定されたスキルを見るパフォーマンス・ベースド・テスト(TK0-202またはTK0-203)の二科目に合格する必要があります。

●クラスルームトレーナーとしてCompTIA CTT+を取得される方は、CompTIA CTT+ Essentials (CompTIA CTT+ TK0-201) に合格後、クラスルームトレーニングセッション (CompTIA CTT+ TK-202) を記録したメディアを提出し、認定判定者による評価・判定に合格する必要があります。

●バーチャルクラスルームトレーナーとしてCompTIA CTT+を取得される方は、CompTIA CTT+ Essentials (CompTIA CTT+ TK0-201)に合格後、バーチャルクラスルームトレーニングセッション(CompTIA CTT+ TK0-203)を記録したメディア(CDまたはDVDファイルによる)を提出し、認定判定者による評価・判定に合格する必要があります。

トレーナーは、CompTIA CTT+ Essentialsと、パフォーマンス・ベースのCompTIA CTT+ TK-202とTK0-203のいずれかに合格することで、上記2タイプのCompTIA CTT+を取得することができます。

CTT+ Essentials試験は、選択問題(リニア式)で実施されます。問題数は95問で、試験制限時間は90分です。CTT+ Essentials試験は英語、ドイツ語、日本語での受験が可能です。また、二次試験のパフォーマンス・ベースド・テストは、英語、スペイン語、ドイツ語、日本語での提出が可能です。パフォーマンステストの詳細については、ハンドブックをご参照ください。

パフォーマンス・ベースド・テストの実演時間は、最低17分とし、最高22分までと制限されています。


■CompTIA CTT+ Essentials Exam(試験番号:TK0-201)
CompTIA CTT+の認定を受けるには、受験者は専門知識を問うコンピュータ・ベースド・テストと、ビデオ 撮影によるデモンストレーションでインストラクションスキルを評価するパフォーマンス・ベースド・テストの両方に合格する必要があります。

【出題内容】制限時間90分 問題数95問 100~900のスコア方式 合格スコア655
試験分野
出題比率
第1章  コース事前準備
13%
第2章 教授法と教育媒体
14%
第3章 インストラクターの信頼性とコミュニケーション
10%
第4章 グループの円滑化
45%
第5章 トレーニングの評価
18%
出題範囲(試験名称をクリックすると「出題範囲(PDFファイル)」がダウンロードできます。)
日本語版 CompTIA CTT+ 出題範囲
英語版 CompTIA CTT+ Objectives(2008Edition)
日本語配信
試験科目 1科目
試験番号 TK0-201
制限時間 90分
問題数
95問
合格ライン 100~900のスコア形式 655スコア以上
受験料(税別) CompTIA認定資格試験価格をご確認ください。

※PDFデータがうまくダウンロードできない場合は、郵送にてご案内させて頂きます。
 CompTIA日本支局(info_jp@comptia.org)に郵送先を記載の上、ご連絡下さい。

CompTIA CTT+ 開発プロセス
■主なCompTIA CTT+開発プロセス委員会メンバー(米国本部/一部抜粋)
CompTIA CTT+は、以下のIT業界からの専門家(SMEs)やリーダーによるファンドとサポートにより開発されました。
■CompTIA CTT+ SMEs(Subject Matter Expers) CompTIA CTT+認定資格試験を監視する業界を代表するグループで、試験の継続的なメンテナンスと信頼性の保持を目的としています。 (下記一部掲載)
Apple Ericsson Friesen, Kaye and Associates
Intel Kaleidoscope Training& Consulting Knowledge Design Group
Microsoft NETg New Horizons
Novell OM-Tech Learning SkillsCERT Ltd.
The Training Associates
J. Christie
CFC Systems
D. Cole
Ricoh Coroporation
L. Cox
Cox Technology Training
M. Crowhurst
Pulaski County High School
S. Curry
American Society of Radiologic Technologies
S. Mayotte
University of Minnesota
C. Dow
Odyssey Networking
C. Easttom
Education America
S. Fabel
Computer Aid, Inc.
P. Fanstill
Austin Software Products
G. Govanus
For Your Instructors, Inc.
P. Hulsey
USPS Nationl Centerfor EmployeeDevelopment
M. McDermott
Xerox - Office Printing Business
L.Pastor
Advanced Consulting and Training
東山 律子 氏
株式会社シマンテック
山口つむぎ 氏
株式会社シマンテック
萩原 昭美 氏
株式会社シマンテック
藤澤 美奈子 氏
株式会社ビーフォーシー
松尾 謙一 氏
株式会社ビズコム

山縣 画児 氏
株式会社ビズコム

祖山 美晴 氏
フォーサイト
清水 香里 氏