CompTIA CTT+(PBT)

CompTIA CTT+

認定資格概要 試験情報 トレーニング新着情報
ハンドブック 類似問題 関連教材/トレーニング
導入・活用事例 他資格との連携 他資格との連携

CompTIA CTT+認定資格は、インストラクターが、トレーニング業界で必要とされる能力を取得していることを証明します。
この試験は、クラスルームまたはバーチャルクラスルームといった環境において、インストラクターが持つべきである知識とスキルを測定するために設計されています。



この認定資格は、あらゆる業界のインストラクターが利用することができます。CTT+プログラムは、コンピュータトレーニングや教育ビジネスにおける様々なインストラクター資格プログラムの共通して必要となるスキルが集約されています。

CompTIA CTT+プログラムは、当初コンピュータ業界の企業により推奨され始めましたが、この資格は、技術トレーニング、その他の非技術トレーニングや教育を提供している全ての業界に適用することができます。

【CompTIA CTT+認定資格 FAQ】
CompTIA CTT+に関連するのFAQについては、こちらからご確認ください。


CompTIA CTT+認定資格を取得するには、受験者は知識を問うコンピュータ・ベースド・テスト(CTT+ Essentials TK0-201)と、規定されたスキルを見るパフォーマンス・ベースド・テスト(TK0-202またはTK0-203)の二科目に合格する必要があります。


■CompTIA CTT+ ハンドブック : パフォーマンス・ベースド・テスト(2次試験)
CompTIA CTT+ハンドブックは、パフォーマンス・ベースド・テスト受験の際には、必ずご覧下さい。 受験の心得や参考文献、出題例、評価基準、提出書類についてなど様々な情報を御案内しております。

ハンドブック(ハンドブック、フォーム名称をクリックするとPDFファイル/wordファイルがダウンロードできます。)
日本語版

CompTIA CTT+ プログラム概要

CompTIA CTT+ クラスルームトレーナー試験 受験の手引き
CompTIA CTT+クラスルームトレーナー 提出フォーム(フォームA~D)

CompTIA CTT+ バーチャルクラスルームトレーナー試験 受験の手引き
CompTIA CTT+ バーチャルクラスルームトレーナー 提出フォーム(フォームA~D)

英語 CompTIA米国本部サイトよりダウンロードしていただけます
試験情報
日本語配信
試験科目 ビデオ評価
試験番号 TK0-202(クラスルームトレーナー)
TK0-203(バーチャルクラスルームトレーナー)
制限時間
問題数
合格ライン 基準となる12のスキル(4段階評価)で、36ppt以上
受験料(税別) CompTIA認定資格試験価格をご確認ください。

※個別フォームは、Wordファイルで作成されています。対象フォームの上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してディスクに保存後、必要事項をご入力の上、提出してください。


※PDFデータがうまくダウンロードできない場合は、郵送にてご案内させて頂きます。
 CompTIA日本支局(info_jp@comptia.org)に郵送先を記載の上、ご連絡下さい。

■CompTIA CTT+ パフォーマンス・ベースド・テスト 提出の流れ

提出に際しての必要な書類、提出メディアの条件等については、上記「CompTIA CTT+ クラスルームトレーナー試験 受験の手引き」、もしくは「CompTIA CTT+バーチャルクラスルームトレーナー試験 受験の手引き」をご確認ください。

■CompTIA CTT+ パフォーマンス・ベースド・テスト バウチャー購入について 2017年4月より、バウチャー購入方法が変更となりました

・ バウチャー購入は、CompTIA Storeよりお願いいたします
・ 支払い方法は、クレジットカードのみとなります
・ 領収書はEメールでのご送信のみとなります
・ バウチャー番号の納品は、Eメールでのご送信となります

※バウチャー利用には、企業や学校機関において複数枚を一括購入・管理いただけるという利点があります。
個々に受験をされる場合は、バウチャーを利用する必要はございませんので、支払いフォーム(フォームD)に
支払い情報をご入力ください。



CompTIA CTT+ FAQ

1. コンピュータ・ベースド・テスト(CBT)とパフォーマンス・ベースド・テストの詳細を教えてください。

詳細については、出題範囲およびCompTIA CTT+受験の手引きをご覧下さい。CBTの出題例から、パフォーマンス・ベースド・テストで必要な書類や録画する際の心得、求められる12のスキル等が掲載されています。

2. CBTを合格しましたが、パフォーマンス・ベースド・テストは、どのようにして受験することができますか

CBTに合格された方には、試験終了時に渡されるスコアレポートにパフォーマンス・ベースド・テスト受験に関するご案内がされているURLが記載されています。こちらから、受験申込の方法をご確認ください。
3. 2次試験(PBT)の提出手順について教えてください。
下記より、提出手順をダウンロードしていただけます。
CTT+ 2次試験(PBT)の提出手順について
4. パフォーマンス・ベースド・テストで提出した記録メディアは返却されますか。
いいえ。返却はされません。提出されたメディアは、90日経過した時点で消去します。そのため、バックアップコピーを作成されることをお奨め致します。
5. パフォーマンス・ベースド・テストの評価までの流れを教えて下さい。

1. 必要提出書類(フォーム・スコアレポートのコピー等)
 CTT+採点委員会Webサイトからアップロードします。
 【ご注意】フォームDの支払方法が、記入されていることをご確認ください。

2. CTT+採点委員会にて、テストファイルおよび提出書類の確認後、採点処理
  ※クレジットカード・銀行振込共に、支払い確認が行われた後、採点されます

3. 採点完了後、受験者あてに電子メールで合否結果およびスコアレポートが送られます
  ※@cttsubmission.com からの英語のメールとなります。迷惑メール扱いにならないよう対応をお願いします。

4. CTT+採点委員会から、CompTIA米国本部に試験結果がデータ送信されます

5. CompTIA受験者オンラインサービス「CareerID」に、試験データが反映されます

6. 試験データが反映されると、試験予約時にご登録いただいたメールアドレスあてに、「認定証の取得方法」に関するメールが届きます。メールをお受け取り後、「CareerID」にログインし、認定証取得のための作業を実施してください。

合否判定は、約1ヶ月で発表されます。但し、受験料のご入金などがスムーズに行われない場合は、1ヶ月以上かかることがございますので、御注意下さい。

6. 認定証はいつ届きますか。

上記のプロセス「6」で認定証取得のための作業が実施された後、4~6週間でお手許に認定証が届きます。
ロゴや認定証PDFのダウンロードは、CompTIA受験者オンラインサービスに試験データが反映された時点(上記のプロセス「5」)で可能になります。

不合格の場合は、CTT+採点委員会から送信される合否結果およびスコアレポートのメール通知のみとなります。

7. スコアレポートは発行されますか。
合否結果と同様に @cttsubmission.com よりメールでの通知となります。
8. パフォーマンスを撮影する際、受講生側については知り合いや同じ会社の方でもよいのですか。
はい、可能です。御存知の方でも、御存知のない方でも、効果的なパフォーマンスや信頼性がなければ伝わらないためです。
9. パフォーマンス・ベースド・テストの審査に必要なドキュメンテーション・フォーム内の氏名欄に(ローマ字)とありますが、日本語の順に、苗字・名前と書けば良いのでしょうか。
いいえ。英語表記のように、「名前+苗字」の順番で記載をしてください。
10. 提出するファイルが1GBを越えてしまい、ウェブからのアップロードができません。
ファイルサイズが1GBを越える場合は、CTT+採点委員会のSharefileへのアップロードが有効です。恐れ入りますが、下記の要領でCTT+採点委員会まで英語でメール連絡いただき、Sharefile情報を取得してください。

宛先: admin@cttsubmission.com
件名: CTT+ Video Upload
本文: Please update me with the Sharefile link information.
Name: Hanako Suzuki (名前、苗字の順)
CompTIA ID: COMPXXXXXXXXXXXX (CompTIA IDを入れて下さい)
Language: Japanese

アップロードするファイル名は、「苗字_名前」としてください。例)Suzuki_Hanako
11. スコアレポートを紛失してしまいました。
CBTを受験されたテスティングパートナーまでご連絡いただき、再発行の手続きをしてください。
なお、試験日より年数が経過していることから再発行が困難である場合は、CompTIA日本支局までご連絡ください。その際、試験履歴を確認させていただくまでお時間を頂戴いたします。予めご了承ください。